「IPPO」という靴職人のお話

1週間 ago buildswc 「IPPO」という靴職人のお話 はコメントを受け付けていません。

私がオススメする漫画はヤングジャンプコミックスで連載されている「IPPO」です。一条歩という若手の靴職人が、東京にこじんまりとしたオーダー靴のお店を構えるところから話は始まります。フィレンツェにある世界的に有名な靴店で12歳から修行を積み、22歳とい... 続きを読む

Read More

超カオス漫画『マジカルシェフ少女しずる』の魅力

3週間 ago buildswc 超カオス漫画『マジカルシェフ少女しずる』の魅力 はコメントを受け付けていません。

時々、『ドラゴンボール』について、「パワーインフレが行き過ぎて、終わらせるしかなかったんだ」と言う方がいます。 それが真実かどうかはともかく、最終の42巻に至ったころにはパワーインフレが限界近くまで進行していたのは確かです。しかし、世の中には『ドラゴ... 続きを読む

Read More

サンボマスターはただのミュージシャンじゃない

11か月 ago buildswc サンボマスターはただのミュージシャンじゃない はコメントを受け付けていません。

サンボマスターはただのミュージシャンじゃない。あの人たちは心の底から叫びを雄たけびを上げていまの社会や人々にもっとがむしゃらに生きていいんだと言っているように私には思えるのです。 サンボマスターを聴くようになったきっかけは私の周りのあつーい友人達から... 続きを読む

Read More

「暗殺教室」は生徒全員の個性が魅力的

12か月 ago buildswc 「暗殺教室」は生徒全員の個性が魅力的 はコメントを受け付けていません。

ジャンプでもおなじみの「暗殺教室」は、アニメになって最終回まで綺麗に放送されました。私は正直に言うと絵柄はあまり好きではなかったのですが、見ていくうちに惹きこまれていってしまいました。普通、見るアニメは絵の綺麗さや動きで判断するのに、「暗殺教室」だけ... 続きを読む

Read More

アニメ「銀魂」は大人が全力で遊んでる

12か月 ago buildswc アニメ「銀魂」は大人が全力で遊んでる はコメントを受け付けていません。

アニメの中で最も面白いと思ったのは、「銀魂」というアニメです。実はアニメは途中から見始めたのですが、その面白さから最初から見たくなり、今では見逃した話数はありません。それくらい面白いのです。これは少年ジャンプに載っている少年向けのアニメですが、女性で... 続きを読む

Read More

アニメ「進撃の巨人」は見ないと絶対損!

1年 ago buildswc アニメ「進撃の巨人」は見ないと絶対損! はコメントを受け付けていません。

もはやアニメのオープニング曲は紅白歌合戦でも流れたという国民的アニメが、「進撃の巨人」です。言わずと知れた名作ですね。私は漫画の方は読んだことがないのですが、アニメはずっと見ていました。話題になっていたものの、最初は絵も特別好きなものではないし・・・... 続きを読む

Read More

進撃の巨人について

1年 ago buildswc 進撃の巨人について はコメントを受け付けていません。

進撃の巨人を初めて読んだのは、中学校3年の時です。散髪をしに行ったときの待ち時間に理髪店にあった漫画をなんとなく読んだその漫画が進撃の巨人でした。そのとき僕はこんなに面白い漫画があったのかと感激しました。それは、巨人から身を守るために建てた壁の中の街... 続きを読む

Read More

今や伝説となったアニメ、北斗の拳のモヒカンたち

1年 ago buildswc 今や伝説となったアニメ、北斗の拳のモヒカンたち はコメントを受け付けていません。

が今までに見たアニメの中で、もっとも衝撃を受けたアニメ、それが1984年から1987年まで放送されたアニメ、北斗の拳です。 このアニメの凄いところ、それは主人公ケンシロウのかっこよさでも、そのライバルキャラであるラオウやサウザーの強さでもありません。... 続きを読む

Read More

パッチ アダムス

1年 ago buildswc パッチ アダムス はコメントを受け付けていません。

この映画を初めて見たときには、ものすごく現実を離れた映画と感じていました。「笑いで人を癒し、治療するなんて」そんな思いが強くありました。 ある時、パッチアダムスが本当に作った病院の動画をインターネットでみました。その時に、頭をハンマーで思いっきり殴ら... 続きを読む

Read More

哀しくも切ない道中記『エムブリヲ奇譚』

1年 ago buildswc 哀しくも切ない道中記『エムブリヲ奇譚』 はコメントを受け付けていません。

山白朝子著の『エムブリヲ奇譚』。 この著者は他にもペンネームを持っています。知っている方もいることと思いますが、その名前は乙一であり、中田永一であります。 そんな著者が書かれたものなので、興味を惹かれました。 本書に登場する和泉蠟庵は、無名の温泉地を... 続きを読む

Read More