おすすめの絵本

4年 ago buildswc おすすめの絵本 はコメントを受け付けていません。

最近ネットなどで話題になり売り切れ続出している絵本があるとのことで読んでみたくなり書店に行きました。その絵本は岡田よしたかさん著作の「うどんのうーやん」(ブロンズ新社刊)で主人公はどんぶりに入ったうどんです。これだけでも十分シュールなお話ですが、このうどんのうーやんは何が面白いかというと人手不足のうどん屋さんなのでうどんのうーやん自身が自分で出前にでかけます。川を越えて山越えてお客さんの元へ大急ぎ。途中で出会うお腹のすいた困っている動物には自らのうどんを少し食べさせ、食材の数々には優しく接し仲間にする浪速の人情話(うどんなのに?)です。全編関西弁で語られるお話しはとてもシュールで本当にばかばかしくもありますが最後まで面白く楽しめる絵本です。絵が力強く描かれ色使いもはっきりしているので子供受けも大変良い作品です。先ほどはシュールでばかばかしいと書きましたが、その一方で仲間を増やしていて共に力を合わせて困難な問題を解決していくといったストーリーラインはマンガのワンピースにもある冒険活劇ものの基本的な要素をしっかり踏襲しています。最後のオチもしっかりあり関西にお住まいの人にはネイティブな関西弁丸出しでお子様に向けて読み聞かせていただきたい絵本です。また関西弁のわからない地域の方々でも十分に読んでで笑える、そしてちょっと感動もできるような内容なので是非どこかでこの絵本をみかけられましたらお手に取って読んでみてください。

古本買取も利用して

こちらのブログにもおすすめの本の紹介が載っています。

よかったら見てみてください。